直進! 古本せどりとサイドビジネス

古本のせどりを中心に、初心者にもできる「まとも」なサイドビジネスと、そのノウハウを紹介します。

ブログ・アフィリエイトの優秀商材

お客が勝手に買っていく 何も売らないアフィリエイト

ブログアフィリエイトで日給8万円 たった3ヶ月で月400万円稼ぐ仕組みを作ってしまった!

せどりの優秀商材

新せどりノウハウ
『稼ぐ人だけが知っている!ブックオフ最強仕入れ倍増法』

フリー登録.com~検索エンジン無料手動登録~ブログも登録OK

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

ゆうてき

Author:ゆうてき
【本業】赤ちゃんの手型や足型をガラスに彫刻する仕事をやってます。

【年齢】団塊の世代より少しあと。リアルタイムでビートルズを経験。小学生のとき、鉄人28号のプラモを作りながら東京オリンピックをテレビで見てました。

【趣味・特技】ジャンルを問わず本を買い漁る。読み漁る。片っ端から忘れる。

ドロップシッピング

もしもドロップシッピング

もし宜しければクリックお願いします

皆様の応援がとても励みになります

人気blogランキングへ




  • seo


携帯サイト無料作成ツール「こびっと」のダウンロードはこちらから

What time?










ブログタイトルを決める

検索数の多いキーワードをタイトルに含ませましょう。
●Google AdWords : キーワード ツール
●goo ランキング
●BIGLOBEサーチ
●瞬!ワード
●Yahoo!検索ランキング
●Ask.jp

ブログを作る

アフィリエイトのできる無料ブログを集めました。

●FC2ブログ
●Seesaaブログ
●Livedoorブログ
●楽天ブログ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

マイ・タグ

オークション Amazon 評価 発送 トラブル ビジネス インターネット 商品説明 中国 日本 スマホ 落札 CD 連絡 対策  ケース 仕入れ 経験 メール便 出会い系 迷惑 DVD 外交 スパム 納品書 梱包 入札 価格 送料 台湾 写真 モバイル 韓国 迷惑メール メールアドレス アマゾン 振込 領土 出品 購入者 新品 バッテリー ミス ブラウザ せどり ノウハウ 自己啓発 タバコ 蔵書 スムーズ 価値 html インストール フリーソフト メモリー 住所 入力ミス 値下げ タブ アドオン オペラ 取引 不快 円滑 質問 アリア デジモノ 宛先 コーラス クラシック 時間管理 小沢ガールズ 民主党 目標 議員 速達 非常に悪い 音楽 手法 悪質 田中美絵子 ヌード 達成 高額 秘法 態度 メルマガ 解除  無料レポート 実現 黒魔術 初心者 モチベーション 価格差 豪邸 目的 趣味 成金 情報 同封 ルール 相場 フランチャイズ制度 外食産業 サービス 線引き チェック 商品写真 書込み FBA 金儲け 動画 ベルトコンベア ヤフオク 取引ナビ ビギナー ツイッター フォロー 低評価 値崩れ 利ざや 新規 セット販売 ブラックリスト 東北大震災 救助 東京都副知事 ブックオフ 落札者 オンライン 気仙沼中央公民館 必要 買取 リツイート 低い 高飛車 キーボード 世界 紙ジャケット 知識 経済 傾向 再読 プレミア スイス 暗部 銀行  意味 永世中立 読書 不勉強 不満 著作権 良い 手抜き 画像 ヒビ 転載 防止 異常 不当 ショップ 手順 仕掛け 休日 差額 感想 技術 仕事術 WBC 野球  精神論 治安 セル 研磨 レンタル 喫茶店 信頼 ステーショナリー ポストイット 書き込み Pilot 黄ばみ ヤニ コンディション フリクション ボール アイデア 文房具 レスポンス 口座情報 ボールペン 度量 度胸 映画 ハリウッド アプリ 携帯 アンドロイド 印刷 コメディ ロードムービー 充電 業者 ドメイン スマートホン 名作 Windows7 Xp 携帯電話 日本語入力 封筒 商材 放送 FM クセ におい OS スペック 修理 故障 コンピュータ 国際関係 緊張 民度 反感 日本郵便 レターパック 布教 処分 危機 意識 サムライ 出光興産 伝説 口座  宗教 国境 タスク TODO 管理 スケジュール 出品者 リスト 作業量 バーコード  ビームせどり 方法 メール 廃盤 

Bloggerで記事の日付を消す

2009/07/01(水) 00:07:11

最新記事はここから
    ↓↓↓

ちょっとしたことがBloggerでは苦労するのですが、その反対もたまにあります。


たいていのブログサービスでは投稿記事の日付を消すのはそう簡単ではありません。


ところがBloggerではあっけないほど簡単です。


「レイアウト」から「ブログの投稿の設定」という画面に移ると、「日付」、「投稿者」、「時刻」など10項目のチェック・ボックスがあります。


その中で表示したくない項目のチェックをはずしてやればいいのです。


HTMLをいじる必要はまったくありません。


ついでにアーカイブも表示しないようにして、過去記事はカテゴリ(Bloggerではラベル)からしか読めないようにすれば、いつから更新していないかバレなくなります。


記事数が少ないサイトや放置系のブログにはありがたい機能です。


日本のブログサービスも採用して欲しいもんです。


ただし、これはあくまで外見の問題で、投稿の日付や時間は見えないところでちゃんと記録されているわけですから、SEO的には時々更新したほうがいいと思いますよ。



いつも応援有難うございます。
皆さんの応援が私のエネルギーになります。

もし宜しければ今日もクリックお願いします(#^.^#)

    ↓↓↓
人気blogランキングへ
Blogger奮戦記TB:0CM:4

Bloggerとトラックバック

2009/06/28(日) 00:07:07

最新記事はここから
    ↓↓↓

日本のブログサービスでは当たり前のことがBloggerではできません。


トラックバックもその一つです。


Bloggerにはトラックバック機能がないのです。


最近はトラックバックを拒否するブログも多いので、トラックバック機能がないからといってそれほど気にはなりません。


それに変わるものとしてBloggerにはバックリンクという機能が一応用意されています。


バックリンクは、自分の投稿に対して張られているリンクを投稿内に表示してくれる機能ですが、この機能が有効に働くためには、リンクする側・される側のブログがWeblogs.com に更新 Ping を打っていることが必要になります。


バックリンクという一部の人しか使わない機能ではなく、どうしても普通のトラックバックが使いたい、という人はHaloScanのサービスを使うことになります。


ところで、Bloggerを利用する人が必ずお世話になるのがクリボウの Blogger 入門です。


HaloScanでトラックバックの設定をする方法も画像入りでとても詳しく解説されています。


ところが、HaloScanはJS-Kitに買収されてしまったので、サイトのデザインも変わってしまい、その結果、クリボウの Blogger 入門での解説が使えなくなってしまいました。


でも、ご心配なく。


http://gadget.lyn-co.net/2009/05/bloggerblogger.html


ちょっと文字が小さいけど、読めばちゃんとわかります。


そうこうして、なんとかトラックバックできるようになったと思ったら、また別の問題が...


トラックバックURLボックスの下にJS-Kit独自のコメント送信フォームまで表示されてしまうのです。


つまり、Bloggerに標準で備わっているコメント機能と、JS-Kit独自のコメント機能とがダブってしまうのです。


コメントが来ないから表立っていないものの、これは何とかしないといけません。


いろいろ検索してみたんですが、今のところスマートな解決方法は見つかっていません。


Bloggerって、ほんとに苦労させられます。


やっぱり日本製が最高ですよ。



いつも応援有難うございます。
皆さんの応援が私のエネルギーになります。

もし宜しければ今日もクリックお願いします(#^.^#)

    ↓↓↓
人気blogランキングへ
Blogger奮戦記TB:0CM:2

Bloggerの3カラム

2009/06/22(月) 00:07:50

最新記事はここから
    ↓↓↓

まだしぶとくBloggerと格闘しています。


それでちょっと気が付いたんですが、Blogger、WordPress、MTで使うアメリカの3カラムのテンプレートは少し変わってると思いませんか?


日本で3カラムというと、両端にサイドバーがあって記事は真ん中という感じですよね。


もちろんアメリカにもそういうのはありますが、それより記事が左、サイドバーが右に2列くっついてる(サイドバーと呼べるのかな?))タイプのほうが断然多いような気がします。


文章にすると分かりにくいですね。


こんな感じです。
   ↓↓↓

普通の3カラム アメリカ型3カラム
ヘッダー ヘッダー
記事 記事
フッター フッター


最初はどうにもなじめなくて、このタイプを避けて通ってました。


でも、Bloggerで作っているブログのカテゴリ(Bloggerではラベルと言います)が増えてくるにつれ、このタイプも案外便利だぞと思い直すようになりました。


カテゴリとかアドセンスを真ん中の列に持ってくると、右端のサイドバーがダラダラ長くなるのを防げて、なかなかいい感じなんです。


記事→カテゴリ→右サイドバーという視線の流れもスムーズな感じがします。


これが普通の3カラムだと視線が右に行ったり左に行ったり、落ち着かない気がするんです。


他のブログと差別化することもできるので、もう少しこのタイプのを作ってやろうと思ってます。


そう言えば、アドセンスで1億円稼ぐとかいうアメリカのブログがあったけど、あれも確かこのタイプだったぞ。




いつも応援有難うございます。
皆さんの応援が私のエネルギーになります。

もし宜しければ今日もクリックお願いします(#^.^#)

    ↓↓↓
人気blogランキングへ
Blogger奮戦記TB:0CM:4

BloggerはGM!?

2009/06/13(土) 00:03:00

最新記事はここから
    ↓↓↓

Bloggerの操作性はイマイチですねえ。


Bloggerの初期状態で選べるテンプレートはわずかしかありません。


そこで当然、サードパーティのテンプレートを探すことになります。


英語のサイトがほとんどとはいえ、さすがにたくさんあります。


この時、気を付けないといけないのは、テンプレートによっては、それまでに埋め込んでたアフィリ・リンクやアドセンス、その他諸々の設定がみんな消えてしまう可能性があるということです。


あらかじめパーツごとのバックアップを取っておかないと後で大変な目に遭います。


だから最初のテンプレート選びは慎重にしないといけません。


テンプレートとは本来そういうものだと言われたらそれまでですが。


もう一つ不満なのは、改行をHTMLタグに変換するかどうかを記事ごとに設定できないことです。


改行をHTMLタグに変換しない設定にすると、これから書く記事は全部自分で
タグを入れていくことになります。


記事に表を入れたい時、改行をHTMLに変換する設定にしてるとうまく表示できません。


だけどそういうことはたまにあるだけで、普段はワープロ感覚で書ける方が断然楽です。


ただし、これは僕が操作方法を間違えてるだけかもしれません。


なにしろBloggerでブログを作るのは初めてなもので。


それでもBloggerに比べたらいろんな点で日本の無料ブログ・サービスは至れり尽くせりだと思いますよ。


アメリカ人はよく我慢してるなあ。


日本人は我慢強いとか言うけど、あれは実はウソで、ほんとに我慢強いのはアメリカ人なのかも知れませんよ。


FC2とかSeesaaがトヨタ、日産だとすると、BloggerはさしずめGMかな?




いつも応援有難うございます。
皆さんの応援が私のエネルギーになります。

もし宜しければ今日もクリックお願いします(#^.^#)

    ↓↓↓
人気blogランキングへ
Blogger奮戦記TB:0CM:5

Bloggerのラベル

2009/06/10(水) 00:03:25

最新記事はここから
    ↓↓↓

グーグルのBloggerを使ってブログを作ってみました。


Bloggerにはカテゴリという概念はなく、かわりにラベルという機能があります。


ラベルとはどんな機能なんだろう。


それが今回Bloggerを選んだ理由です。


カテゴリは範疇とか区分という意味で、書いた記事はあらかじめ作っておいたそれぞれのカテゴリに入れて保存します。


つまり、記事より先にカテゴリがあるわけです。


原則はそうです。


これに対して、ラベルは、記事を書いたときに決めます。


そして、ラベルは一つの記事にいくつでも設定できます。


これがカテゴリと決定的に違う点です。


たとえば、サプリメントのブログでビタミンCについての記事を書いたとします。


その記事には「栄養素」というラベルをつけ、次に、食物繊維についての記事を書いたときも同じラベルをつけたら、「栄養素」というラベルにビタミンCの記事と食物繊維の記事がまとめられることになります。


この場合、「栄養素」というカテゴリを作ったのと同じことになります。


このときビタミンCについての記事に「栄養素」以外に「ひ」、食物繊維についての記事に「し」というラベルをつけておいたらどうなるでしょう。


「栄養素」ラベルには2つの記事がまとめられているのに対し、「ひ」ラベルにはビタミンCの記事だけ、「し」ラベルには食物繊維の記事があるだけです。


これを利用すると、アイウエオ順に分類された用語集みたいなものが簡単にできてしまうのです。


しかも同時に「栄養素」みたいな普通の分類もできるのです。


要するに投稿した記事を複数の方法で分類できるということです。


なかなか便利だと思いませんか?


カテゴリと違って後からどんどん分類法を変えられるので、僕は気に入ってます。


ただ、ある程度記事数がないとラベルの威力は発揮できないかもしれません。


BloggerSeesaaと同じく一つのアドレスでいくつでもブログを作れるし、なんといってもグーグルが提供しているわけですから、いとも簡単にアドセンスのスクリプトが埋め込まれます。


もっと普及してもいいサービスだと思います。



いつも応援有難うございます。
皆さんの応援が私のエネルギーになります。

もし宜しければ今日もクリックお願いします(#^.^#)

    ↓↓↓
人気blogランキングへ
Blogger奮戦記TB:0CM:2
ホーム全記事一覧
Copyright(C) 2006 直進! 古本せどりとサイドビジネス All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.