直進! 古本せどりとサイドビジネス

古本のせどりを中心に、初心者にもできる「まとも」なサイドビジネスと、そのノウハウを紹介します。

ブログ・アフィリエイトの優秀商材

お客が勝手に買っていく 何も売らないアフィリエイト

ブログアフィリエイトで日給8万円 たった3ヶ月で月400万円稼ぐ仕組みを作ってしまった!

せどりの優秀商材

新せどりノウハウ
『稼ぐ人だけが知っている!ブックオフ最強仕入れ倍増法』

フリー登録.com~検索エンジン無料手動登録~ブログも登録OK

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

Author:ゆうてき
【本業】赤ちゃんの手型や足型をガラスに彫刻する仕事をやってます。

【年齢】団塊の世代より少しあと。リアルタイムでビートルズを経験。小学生のとき、鉄人28号のプラモを作りながら東京オリンピックをテレビで見てました。

【趣味・特技】ジャンルを問わず本を買い漁る。読み漁る。片っ端から忘れる。

ドロップシッピング

もしもドロップシッピング

もし宜しければクリックお願いします

皆様の応援がとても励みになります

人気blogランキングへ




  • seo


携帯サイト無料作成ツール「こびっと」のダウンロードはこちらから

What time?










ブログタイトルを決める

検索数の多いキーワードをタイトルに含ませましょう。
●Google AdWords : キーワード ツール
●goo ランキング
●BIGLOBEサーチ
●瞬!ワード
●Yahoo!検索ランキング
●Ask.jp

ブログを作る

アフィリエイトのできる無料ブログを集めました。

●FC2ブログ
●Seesaaブログ
●Livedoorブログ
●楽天ブログ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

マイ・タグ

オークション Amazon 評価 発送 トラブル ビジネス インターネット 商品説明 中国 日本 スマホ 落札 CD 連絡 対策  ケース 仕入れ 経験 メール便 出会い系 迷惑 DVD 外交 スパム 納品書 梱包 入札 価格 送料 台湾 写真 モバイル 韓国 迷惑メール メールアドレス アマゾン 振込 領土 出品 購入者 新品 バッテリー ミス ブラウザ せどり ノウハウ 自己啓発 タバコ 蔵書 スムーズ 価値 html インストール フリーソフト メモリー 住所 入力ミス 値下げ タブ アドオン オペラ 取引 不快 円滑 質問 アリア デジモノ 宛先 コーラス クラシック 時間管理 小沢ガールズ 民主党 目標 議員 速達 非常に悪い 音楽 手法 悪質 田中美絵子 ヌード 達成 高額 秘法 態度 メルマガ 解除  無料レポート 実現 黒魔術 初心者 モチベーション 価格差 豪邸 目的 趣味 成金 情報 同封 ルール 相場 フランチャイズ制度 外食産業 サービス 線引き チェック 商品写真 書込み FBA 金儲け 動画 ベルトコンベア ヤフオク 取引ナビ ビギナー ツイッター フォロー 低評価 値崩れ 利ざや 新規 セット販売 ブラックリスト 東北大震災 救助 東京都副知事 ブックオフ 落札者 オンライン 気仙沼中央公民館 必要 買取 リツイート 低い 高飛車 キーボード 世界 紙ジャケット 知識 経済 傾向 再読 プレミア スイス 暗部 銀行  意味 永世中立 読書 不勉強 不満 著作権 良い 手抜き 画像 ヒビ 転載 防止 異常 不当 ショップ 手順 仕掛け 休日 差額 感想 技術 仕事術 WBC 野球  精神論 治安 セル 研磨 レンタル 喫茶店 信頼 ステーショナリー ポストイット 書き込み Pilot 黄ばみ ヤニ コンディション フリクション ボール アイデア 文房具 レスポンス 口座情報 ボールペン 度量 度胸 映画 ハリウッド アプリ 携帯 アンドロイド 印刷 コメディ ロードムービー 充電 業者 ドメイン スマートホン 名作 Windows7 Xp 携帯電話 日本語入力 封筒 商材 放送 FM クセ におい OS スペック 修理 故障 コンピュータ 国際関係 緊張 民度 反感 日本郵便 レターパック 布教 処分 危機 意識 サムライ 出光興産 伝説 口座  宗教 国境 タスク TODO 管理 スケジュール 出品者 リスト 作業量 バーコード  ビームせどり 方法 メール 廃盤 

視覚の威力

2010/12/11(土) 00:00:07

オークションをやっているとどうしてもヤフオクで過去どんな商品が高額で落札されたか知りたくなります。


その際お世話になるのがオークファンです。


でも、あれこれ調べて目に付いた商品をいくらメモっても、文章だとどうもインパクトが小さく、後で読み返した時にイメージが頭に浮かびません。


何かいい方法はないかと考えていたら、なんてことはない。


Evernoteがあるじゃないですか。


オークファンの過去の落札相場で気になった商品を見つけたら、そのページに飛んで写真ごとEvernoteにコピペしてしまえばいいのです。


正確な品名、写真、開始価格、入札数、商品説明みんな入ってるから、後でいろんな風に再利用できます。


ただし、写真の再利用はダメです。


マウスだけでできてしまうのでとにかく快適です。


このやり方、Amazonで売れる高額本のリストを作るときにも使えそうです。




いつも応援有難うございます。
皆さんの応援が私のエネルギーになります。

もし宜しければ今日もクリックお願いします(#^.^#)

    ↓↓↓
人気blogランキングへ
EvernoteTB:0CM:1

目次読書とEvernote

2009/09/26(土) 00:07:07

ちょっと興味のあるビジネス書の目次を入力してブログに投稿するというやり方、これはヒットでした。


読もうと思って買ったのに、結局時間が取れずにそのまま放置...


「積ん読」ってやつです。


これが激減したのです。


本を買ったら、まず目次を入力します。


目次だけ入力するぐらいなら、ものの30分ぐらいでできます。


僕の場合はブログに投稿するつもりなので、dlとかolタグでインデントしながら入力するので1時間ほどかかってしまいますが。


目次を入力しててちょっと気になるところがあれば後でそこだけ読みます。


「ここはこういうことを書いてるんだろうな」と内容が想像できるところはスルーします。


試しに読んでみたことありますが、結局は言い回しの問題で、書いてあること自体は予想通りでした。


この目次読書法(?)による記憶の定着率は、普通に読むのとそれほど変わらないか、あるいはそれ以上ではないでしょうか。


そしてさらにこれをブログの記事にしてしまうことでさらに定着率が上がります。


その場合、著作権の問題がありますので、しっかりとタイトルと著者名は明示しておく必要があります。


これだけでもいいんですが、これをEvernoteに取り込んでしまうと、何度でも気軽に見直せるし、タグで分類することもでき、使い勝手が格段に良くなります。


むしろブログに投稿するより、こっちのほう、つまりEvernoteに取り込むほうが本命じゃないでしょうか。


別にブログに投稿する必要なんてないんですから。


目次を入力してEvernoteに取り込む、これで「読んだ」と言えるかというのが問題ですが、そんなの最初のうちだけで、僕の場合はすぐに気にならなくなりました。


むしろ、目次がどんどんたまっていくのって気持ちのいいもんです。




いつも応援有難うございます。
皆さんの応援が私のエネルギーになります。

もし宜しければ今日もクリックお願いします(#^.^#)

    ↓↓↓
人気blogランキングへ
EvernoteTB:0CM:3

EvernoteでPDF整理

2009/07/25(土) 00:07:00

最新記事はここから
    ↓↓↓

今日はいっぱいたまったPDFファイルをEvernoteにインポートしてました。


Evernoteは無料版の場合、1ヶ月にアップロードできるのが40MBまでという制限があるので、ほんの一部しかできなかったのが残念です。


もっとも、あと少しで新しい月に変わリます。


そうなるとまた丸々40MB利用できます。


当分はPDFのようなサイズの大きいファイルは毎月少しずつインポートしていくつもりです。


このEvernote、標準でPDFファイルを読み込めるので、わざわざAdobe Readerを立ち上げる必要がありません。


やってみると分かりますが、いつでも気安くPDFファイルが読めるというのはなかなか快適です。


だいたい、PDFファイルがついついたまっていくのはAdobe Readerを立ち上げるのが面倒だからなんですよね。


かといってAdobe Readerが不要になったわけじゃありません。


Evernoteでは画面が狭いし、倍率も変更できません。


あくまで簡易リーダーと割り切るべきです。


それでも、一つ一つのファイルにタグをつけることで後から条件に合うものだけ読めるというのは、表示サイズの不満を補って余りあるメリットです。


タグ付けで思い出しました。


Evernoteは複数のファイルにまとめてタグを付けることもできます。


ほんと、よくできたサービスです。


これで1ヶ月に使える容量がもっと多ければ言うことないんですが。



いつも応援有難うございます。
皆さんの応援が私のエネルギーになります。

もし宜しければ今日もクリックお願いします(#^.^#)

    ↓↓↓
人気blogランキングへ
EvernoteTB:0CM:3

Evernoteは使えます

2009/07/13(月) 00:03:29

最新記事はここから
    ↓↓↓

最近、Evernoteにはまってます。


最初は何をするものなのかさっぱり分からなかったのですが、いざ使ってみたら、その便利さにどっぷりはまってしまいました。


Evernoteはメールソフトみたいな使い勝手でいろんなデータを一元管理するツールです。


テキストかぎらず、WEBのクリップや画像、動画、音声など、種々雑多なデータを丸ごと管理できてしまいます。


よく、アイデアを思いついたら自分宛のメールを送ればいいなんて聞きますよね。


でもそうやって送ったメールは、後でテキストの形にして取り出しておかないと、結局、メールソフトの中に埋没してしまいます。


Evernoteは登録(無料です)すると、Evernote専用のメールアドレスが設定されるので、そこ宛にメールを送ると、その内容がそのままEvernoteに保存されます。


だから、携帯で撮った写真なんかをEvernote専用のアドレスに送ると、Evernote内(正確にはWEB上)に簡単にバックアップできてしまうわけです。


しかもあとで、タイトルやラベルを付けることで、必要なときに簡単に検索できるようになります。


それと、EvernoteはOCRのように、画像やPDFファイルの中にある英文も検索できます。


現在は英語しか認識しませんが、それでもすごいことです。


また、Evernote内に取り込んだ画像を表示しておいてPrintScreenキーを押すとキャプチャーモードになります。


自由にサイズを変更して保存すればキャプチャ完了です。


データを一元管理しようとして、多くの人が陥る罠は、フォーマットを統一しようとすることです。


フォーマットを統一すること自体は不可能ではないかもしれませんが、その一手間が負担になって結局挫折してしまうのです。


だから、長続きするためには、フォーマットなんて意識せず、とりあえず何でもかんでも放り込んでおけないといけないわけで、その意味で、Evernoteは、かなりいい線を行ってるサービスだと思います。


これからの僕のPCライフはEvernote中心で進んで行きそうです。



いつも応援有難うございます。
皆さんの応援が私のエネルギーになります。

もし宜しければ今日もクリックお願いします(#^.^#)

    ↓↓↓
人気blogランキングへ
EvernoteTB:0CM:3
ホーム全記事一覧
Copyright(C) 2006 直進! 古本せどりとサイドビジネス All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.