直進! 古本せどりとサイドビジネス

古本のせどりを中心に、初心者にもできる「まとも」なサイドビジネスと、そのノウハウを紹介します。

ブログ・アフィリエイトの優秀商材

お客が勝手に買っていく 何も売らないアフィリエイト

ブログアフィリエイトで日給8万円 たった3ヶ月で月400万円稼ぐ仕組みを作ってしまった!

せどりの優秀商材

新せどりノウハウ
『稼ぐ人だけが知っている!ブックオフ最強仕入れ倍増法』

フリー登録.com~検索エンジン無料手動登録~ブログも登録OK

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

Author:ゆうてき
【本業】赤ちゃんの手型や足型をガラスに彫刻する仕事をやってます。

【年齢】団塊の世代より少しあと。リアルタイムでビートルズを経験。小学生のとき、鉄人28号のプラモを作りながら東京オリンピックをテレビで見てました。

【趣味・特技】ジャンルを問わず本を買い漁る。読み漁る。片っ端から忘れる。

ドロップシッピング

もしもドロップシッピング

もし宜しければクリックお願いします

皆様の応援がとても励みになります

人気blogランキングへ




  • seo


携帯サイト無料作成ツール「こびっと」のダウンロードはこちらから

What time?










ブログタイトルを決める

検索数の多いキーワードをタイトルに含ませましょう。
●Google AdWords : キーワード ツール
●goo ランキング
●BIGLOBEサーチ
●瞬!ワード
●Yahoo!検索ランキング
●Ask.jp

ブログを作る

アフィリエイトのできる無料ブログを集めました。

●FC2ブログ
●Seesaaブログ
●Livedoorブログ
●楽天ブログ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

マイ・タグ

オークション Amazon 評価 発送 トラブル ビジネス インターネット 商品説明 中国 日本 スマホ 落札 CD 連絡 対策  ケース 仕入れ 経験 メール便 出会い系 迷惑 DVD 外交 スパム 納品書 梱包 入札 価格 送料 台湾 写真 モバイル 韓国 迷惑メール メールアドレス アマゾン 振込 領土 出品 購入者 新品 バッテリー ミス ブラウザ せどり ノウハウ 自己啓発 タバコ 蔵書 スムーズ 価値 html インストール フリーソフト メモリー 住所 入力ミス 値下げ タブ アドオン オペラ 取引 不快 円滑 質問 アリア デジモノ 宛先 コーラス クラシック 時間管理 小沢ガールズ 民主党 目標 議員 速達 非常に悪い 音楽 手法 悪質 田中美絵子 ヌード 達成 高額 秘法 態度 メルマガ 解除  無料レポート 実現 黒魔術 初心者 モチベーション 価格差 豪邸 目的 趣味 成金 情報 同封 ルール 相場 フランチャイズ制度 外食産業 サービス 線引き チェック 商品写真 書込み FBA 金儲け 動画 ベルトコンベア ヤフオク 取引ナビ ビギナー ツイッター フォロー 低評価 値崩れ 利ざや 新規 セット販売 ブラックリスト 東北大震災 救助 東京都副知事 ブックオフ 落札者 オンライン 気仙沼中央公民館 必要 買取 リツイート 低い 高飛車 キーボード 世界 紙ジャケット 知識 経済 傾向 再読 プレミア スイス 暗部 銀行  意味 永世中立 読書 不勉強 不満 著作権 良い 手抜き 画像 ヒビ 転載 防止 異常 不当 ショップ 手順 仕掛け 休日 差額 感想 技術 仕事術 WBC 野球  精神論 治安 セル 研磨 レンタル 喫茶店 信頼 ステーショナリー ポストイット 書き込み Pilot 黄ばみ ヤニ コンディション フリクション ボール アイデア 文房具 レスポンス 口座情報 ボールペン 度量 度胸 映画 ハリウッド アプリ 携帯 アンドロイド 印刷 コメディ ロードムービー 充電 業者 ドメイン スマートホン 名作 Windows7 Xp 携帯電話 日本語入力 封筒 商材 放送 FM クセ におい OS スペック 修理 故障 コンピュータ 国際関係 緊張 民度 反感 日本郵便 レターパック 布教 処分 危機 意識 サムライ 出光興産 伝説 口座  宗教 国境 タスク TODO 管理 スケジュール 出品者 リスト 作業量 バーコード  ビームせどり 方法 メール 廃盤 

絶版じゃないのに

2013/09/13(金) 00:00:07



この本、絶版ではないのにAmazonで2000円以上の値が付いてます。


ちょっと大きめの本屋に行けば税込1773円で新刊で手に入るのにかかわらずです。


アマゾンではたまにこういうことがあります。


よく売れる本なので手早くすれば少しは儲けが出ますがお勧めできません。


この本は19世紀末にイザベラ・バードというイギリス人婦人の目に映った朝鮮の様子が書かれた名作です。


と同時に別の意味でも有名な本です。


当時のソウルが「道は牛がすれ違えないほど細く迷路のようであり、家から出た汚物によって悪臭が酷く、北京を見るまでソウルこそこの世で一番不潔な町」とか「紹興へ行くまではソウルの悪臭こそこの世で一番ひどいにおいだ」と書かれているのが、韓国内で出版されているものは「当時のソウルは清潔で人々はとても快適かつ豊かに暮らしている」となっているのです。


ここまでいくと誤訳とかいう問題ではなくてもはや捏造です。


ま、お国柄なので別に驚きもしません。


それとは別に、「朝鮮人は日本人が嫌いだ」という箇所があります。


これは捏造されたものでなく、日本で出版されているものです。


つまり、日韓併合や戦後の反日教育のずっと前から、朝鮮民族は日本を嫌っているということなのです。


これは大事なことです。


おそらくこの先もずっと韓国は反日だろうし、日韓友好なんて日本人は期待してはいけないのです。


日本は韓国と距離を置くべきです。




いつも応援有難うございます。
皆さんの応援が私のエネルギーになります。

もし宜しければ今日もクリックお願いします(#^.^#)

    ↓↓↓
人気blogランキングへ
売れた本・売れる本TB:0CM:3

絶版でもないのに高く売れました

2013/04/17(水) 00:00:07



この本、新刊で買って、読み終わったのでAmazonに出品しようと思ったら、一時的な在庫切れ状態で、中古なのに新品より高い値段が付いてます。


単にAmazonで在庫切れというだけで、別に絶版というわけではなく、ちょっと大きな本屋にはちゃんと置いてます。


Amazonのことだからすぐに入荷するだろうと思ってたんですが、いつまでたっても在庫切れのままなので、半信半疑で新品価格より高い値段で出品してみたところ、本当に売れてしまいました。


新刊で買って、それより高い値段で売れてしまったのは初めてです。


でもこの手はもう使えないんじゃないかな。


今年の本屋大賞に百田尚樹氏の「海賊とよばれた男」が選ばれた影響で、出光佐三関係の本がたくさん売れると思われるからです。


たとえ一時的に在庫切れになってもすぐに増刷されるはずです。


そんなこと頭では分かってるんですが、本屋でこの本を見かけるとつい買いたくなってしまいます(笑



いつも応援有難うございます。
皆さんの応援が私のエネルギーになります。

もし宜しければ今日もクリックお願いします(#^.^#)

    ↓↓↓
人気blogランキングへ
売れた本・売れる本TB:0CM:2

新品より中古が高い

2013/04/08(月) 00:00:07



前回の記事に書いたこの本、Amazonで新品で買うと送料込で1785円です。


ところが中古で出品されているうちの最安値が1500円です。


実際にはこれに送料の250円が加わります。


つまり新品とほとんど同じか、むしろ中古のほうが新品より高いのです。


絶版で希少価値のあるものならプレミアがつくのは当たり前ですが、この本は今も新刊で売られていて、しかもベストセラーになってるのです。


Amazonにはたまにこういうのがあります。


たいていは出品者のミスや不勉強ですが、中には詐欺もあるそうです。


高い値段を設定しておいて、注文が入るとネットで新品を仕入れるわけです。


誤解しないで欲しいんですが、この本に高い値段をつけてる人が詐欺だなんて言ってるんじゃありませんよ。


ところで僕はこの本をブックオフで900円で買いました。


元々読み終わったらAmazonに出品するつもりだったのですが、こういう状況なので戸惑ってしまいました。


新品より高い値段は論外として、いったいいくらの値段を付けたらいいのでしょう。


売れるはずのない値段をつけても無意味です。


結局、1250円で出品してみたところ、1時間も経たないうちに売れてしまいました。


もっと高い値段でも売れたかな?とは全く思いませんでした。


送料込で1600円なんですから、よく売れたほうですよ。


ちなみに僕のが売れた後、最安値はまた1500円に戻りました。



いつも応援有難うございます。
皆さんの応援が私のエネルギーになります。

もし宜しければ今日もクリックお願いします(#^.^#)

    ↓↓↓
人気blogランキングへ
売れた本・売れる本TB:0CM:2

購入者は新聞社

2012/06/15(金) 00:00:07



長い間投げてた本が売れました。


購入者は大手新聞社の編集部です。


何かの記事の資料にするのでしょう。


自分の出品したものがこういう形で利用されるのは悪い気分じゃありません。


新聞社にしたらあくまで資料だから新品である必要はまったくないんですよね。


購入者が企業の場合、社休日を考えて発送するんですが、新聞社ならそういう心配がないので気楽です。


でも、評価はくれないだろうなあ。



いつも応援有難うございます。
皆さんの応援が私のエネルギーになります。

もし宜しければ今日もクリックお願いします(#^.^#)

    ↓↓↓
人気blogランキングへ
売れた本・売れる本TB:1CM:2

黒魔術!?

2012/06/06(水) 00:00:07




強い経年焼けがあるにもかかわらず2500円で売れました。


今はもっと相場が上がっています。


この分野にまったく知識はないのですが、かなりレアな本のようです。


何かのゲームで使うのかなと思ったんですが、どうもそうではないみたいなのです。


「大変危険なアブラメリンを実践してみた。とても信じられないことに成功した。実践の可能性はすごいものだがむやみに使わないよう止めておきます」

とか

「25年前にこの本で呪法を使いました。二年前呪法をかけた相手に再会しました。なんと、まだ呪法が効いているようで、何か魔法のようなもの使った?と、笑いながら言われました。」

とレビューも不気味です。


この本、部屋を掃除していたら出てきたもので、誰がいつ買ったのかまったく不明です。


自分で買った記憶はまったくないし、こういうのに興味を持ったこともありません。


これもまた不気味な話ですね。



いつも応援有難うございます。
皆さんの応援が私のエネルギーになります。

もし宜しければ今日もクリックお願いします(#^.^#)

    ↓↓↓
人気blogランキングへ
売れた本・売れる本TB:1CM:3

ベスト・オブ・モンティ・パイソ

2011/09/15(木) 08:21:35

こんなDVDが売れました。



モンティ・パイソンは1970年代に大活躍したイギリスのコメディ・グループで、ビートルズもその才能を愛したと言われています。


これは1969年から74年にかけて放映されたものから選りすぐったベスト集です。


ブックオフで900円で買って2900円で売れました。


なかなかの利益率です。


これ、CDケースと同じサイズのDVDで、昔はこんなのがよくありました。


GODZILLAなんかもそうです。


廃盤になってることが多いので、ブックオフに行ったときは必ずチェックするようにしてます。


送料が安くつくのも助かりますしね。



いつも応援有難うございます。
皆さんの応援が私のエネルギーになります。

もし宜しければ今日もクリックお願いします(#^.^#)

    ↓↓↓
人気blogランキングへ
売れた本・売れる本TB:0CM:2

NLP実践マニュアル

2011/07/31(日) 00:00:07




NLP(神経言語プログラミング)の世界では有名な本らしいです。


ところがこの本、とにかく翻訳がひどいのです。


今まで読んできたNLP関係の本の中で最悪です。


巻末の訳者略歴を見ると、プロの翻訳家であると同時に、米国NLP協会認定トレーナーなんだそうです。


それでこのレベルかよと思わず突っ込みたくなります。


現在、Amazonには本書のレビューが4件あって、そのうち2件が星5つ、残りの2件が星3つです。


一番上にある星5つのレビューは「これまで出版されたNLP関連書のなかで、わかりやすさ★5つです。 」と、サクラかと思うぐらい大絶賛です。


僕は3番目の「問題は日本語の翻訳が酷いことです。誤訳もかなりありますし、誤訳とまでは言えなくても、日本語の表現としてどうかという部分が多いです。書いてあることがよく理解できないという部分は、ほとんどが誤訳です。ある程度の英語力がある方には、原書で読まれることをお勧めします。 」と同意権です。


「原書で読まれることをお勧めします」なんて、笑えます。


翻訳の全否定ですもんね。


結局僕は、途中で読むのを断念しました。


NLPを勉強したい方、この本は最後にした方がいいと思います。



いつも応援有難うございます。
皆さんの応援が私のエネルギーになります。

もし宜しければ今日もクリックお願いします(#^.^#)

    ↓↓↓
人気blogランキングへ
売れた本・売れる本TB:0CM:3

HP 200LX SOFTWARE BIBLE

2011/06/18(土) 16:52:07

「HP 200LX SOFTWARE BIBLE」という本があります。


ヒューレット・パッカード社が作ったハンドヘルド・コンピュータHP200LXで使えるソフトウェアの使い方を説明した本です。


この本、1996年の発行にもかかわらず、いまだに値崩れしていません。


コンピュータ書では異例のことです。


この本が値崩れしないということはHP200LXが今も使われているということの証明でもあります。


HP200LXとはこんなマシンです。

hp200LXs



キーボード以外にテンキーも付いていて、これがまた便利なんです。


とっくに生産終了になっているにもかかわらず、いまだにこの名機を使い続けている人はたくさんいます。


MS-DOS 5.0という今では知ってる人も少なくなった二昔前のOSですが、ワープロ、データ・ベース、表計算など必要なソフトが最初からそろっていて、単3乾電池2本とボタン電池CR2032で連続20時間以上動作するという優れものです。


マニアの間ではHP200LXでウェブブラウジングするのが流行っているそうです。


実は僕、このHP200LXを2台持っていて、そのうちの1台(本体のみ)をオークションに10000円で出品したら、最終的に14000円で落札されました。


マニュアルや日本語化キットがあれば2万円以上は固いでしょう。


残った1台も出品といいたいところですが、さすがにもったいない。


まだまだ使い続けます。



いつも応援有難うございます。
皆さんの応援が私のエネルギーになります。

もし宜しければ今日もクリックお願いします(#^.^#)

    ↓↓↓
人気blogランキングへ
売れた本・売れる本TB:0CM:6

寝ても覚めても本の虫

2011/05/23(月) 00:00:07



先日亡くなった児玉清さんのエッセイです。


自分で読むつもりでブックオフで買いました。


もうだいぶ前の話です。


児玉さんが亡くなったので値段がどうなってるかAmazonで調べてみたら、誰も出品していなくて「この本は現在お取り扱いできません。」となっているじゃありませんか。


で、急遽、1980円で出品したら、30分後に売れてしまいました。


もっと高値を付ければよかったとちょっと後悔しました。


この本、時々ブックオフの105円コーナーで見かけます。


そのうちまた手に入るでしょう。


ただし売れるのは今だけかも知れません。



いつも応援有難うございます。
皆さんの応援が私のエネルギーになります。

もし宜しければ今日もクリックお願いします(#^.^#)

    ↓↓↓
人気blogランキングへ
売れた本・売れる本TB:0CM:5

最安値にこだわらない

2011/01/23(日) 00:00:07



またまたこの本ですが、今回、出品しようと思ったら相場が下がってたのでしばらく様子を見ることにしました。


するとものの数時間後には元の相場に回復しました。


それほどこの本はよく売れるし、出品も頻繁にあるということです。


ということは出品する際、別に最安値にこだわらなくても売れるんじゃないか?


そう思って、下から5番目の値段で出品してみました。


1日たっても売れないので、今度は下から3番目の値段に改定したら、その日のうちに売れたではないですか。


おそらく、下から5番目だと、売れるスピードより出品される数が上回ってしまい、自分の出品したものが最安値になる瞬間がないんだと思います。


たった1日の実験なのでどれぐらい普遍性があるか疑問ですが、なかなか面白い経験でした。



いつも応援有難うございます。
皆さんの応援が私のエネルギーになります。

もし宜しければ今日もクリックお願いします(#^.^#)

    ↓↓↓
人気blogランキングへ
売れた本・売れる本TB:0CM:3

超稀少本

2010/11/23(火) 00:00:07

「誰が駒鳥を殺したか?」という昔から気になってる本があります。


「赤毛のレドメイン家」などで知られるイギリス人作家イーデン・フィルポッツがハリングトン・ヘクストというペンネームで書いた推理小説です。


文庫本にもかかわらず、アマゾンで現在17500円、ヤフオクでもたまに出品されますがそれでも5000円前後で落札される超稀少本です。

komadori


創元推理文庫の旧版なのでブックオフに流れてくる確率はきわめて低く、仮に流れてきてもあまりに古いので買取の時点で値段がつかず焼却処分されてしまう危険もあります。


この本、原書のほうはどうなってるんだろうかとアマゾンの洋書で調べてみましたが出てきませんでした。


eBayにも出品はありません。


原書をせどってやろうかと思ったんですがそれも難しそうです。


ここまで手に入りにくいと転売なんかどうでもよく、自分で読んでみたくなります。


ただし、この本、推理小説として優れているかどうかは評価が分かれるようです。


有名なミステリー作家ヴァン・ダインが「イギリス・ミステリーのベスト11」に選んでいるぐらいなので、まさか駄作ということはないでしょうが、一方で「聞きしに勝る退屈さだ」という意見もあります。


何か読書力を試されてるようで余計て手に入れたくなります。




いつも応援有難うございます。
皆さんの応援が私のエネルギーになります。

もし宜しければ今日もクリックお願いします(#^.^#)

    ↓↓↓
人気blogランキングへ
売れた本・売れる本TB:0CM:4

本はメモじゃない

2010/07/02(金) 00:07:07

五味康祐は「柳生武芸帳」「剣法奥儀」などの時代小説が有名ですが、この人は筋金入りのオーディオ・ファンで、音楽関係のエッセーをいくつか書いています。


この前ブックオフの105円コーナーで見つけた「五味康祐音楽巡礼」もその一つで、文庫本ですがアマゾンで常に1000円以上で出品されています。


ところがこの本、見開きの部分にいっぱい書込みがあるのです。


フルトベングラー 10
バックハウス 10
カペー 12 74 104
レナー 12 74
パハマン 74
プゾーニ 74
コルトー 74
シュナーベル 74
プニヨ 74
ヨアヒム 74
イザイ 74

これは指揮者や演奏者の名前で、横の数字はページ数です。


この本の持ち主は人名索引を作ろうと思ったのでしょう。


他に「歇む」「渝る」「一籌を輸する」なんていう書き込みもあります。


これは読みにくい字を抜き出しているのでしょう。


原文にはちゃんとルビが振ってあるんですから別に読むには困らないんですが。


どうせ抜き出すならノートや紙に書けばいいのに。


書込みだけならいいのですが、この本、さらに靴の跡までついているのです。


本を落として踏んでしまったのでしょう。


なぜこんなに詳しく書けるかというと、そう、この本を僕は買ったのです。


さすがにこんなコンディションだと転売なんてできません。


コメントにしっかり書いておけば大丈夫かもしれないけれど、よほど正確に状態を説明しておかないと悪い評価を受ける危険があります。


僕は自分で読むつもりでこの本を買いました。


自分で読むためのものなら、こんな最悪のコンディションでもなんとか我慢はできます。


なまじきれいだとつい出品したくなりますからね。


しかし、この本の持ち主は几帳面なのか大雑把なのか、普通の読者なのか研究者なのか、その中途半端さが面白くて不思議に腹が立ちません。




いつも応援有難うございます。
皆さんの応援が私のエネルギーになります。

もし宜しければ今日もクリックお願いします(#^.^#)

    ↓↓↓
人気blogランキングへ
売れた本・売れる本TB:0CM:4

初めて読んだ歴史小説

2010/04/24(土) 20:15:39

今日は作家別の在庫切れリストを作ってました。


昔は当たり前みたいに書店に並んでた本が今は在庫切れで高値をつけているのはちょっと不思議な気持ちです。


たとえば

「平将門」 海音寺潮五郎 新潮文庫


これ、僕が中学の時はじめて読んだ歴史小説です。


恥ずかしい話ですが、最初 「平将門」って門の名前だと思ってたんですよ。


だから「平将門の乱」は京都のどこかの門を舞台に起こった政争だと思い込んでたのです。


そんな感じで特に期待もせず読み始めたところ、これがまたやたら面白い。


上・中・下と3冊一気に読んでしまいました。


すっかり歴史小説のとりこになった僕は、海音寺潮五郎のほかの作品をスタートに、吉川英治、司馬遼太郎と歴史ものばかり読みふけりました。


たいていの人は戦国時代とか幕末から歴史にはまっていくみたいですが、僕は平安時代から入っちゃったわけです。


そんなわけで、僕、歴史小説にかなり強いほうです。


歴史に強いんじゃありませんよ。


どの歴史小説が高く売れるか...そっちの知識です。


あの頃いっぱい本を読んだことがこんな形で役に立つとは思わなかったなあ。




いつも応援有難うございます。
皆さんの応援が私のエネルギーになります。

もし宜しければ今日もクリックお願いします(#^.^#)

    ↓↓↓
人気blogランキングへ
売れた本・売れる本TB:0CM:3

ブックマーケット、恐るべし

2010/02/11(木) 00:07:07




「『眼力』をつける読書術」は去年の11月に出たばかりの新刊書です。


前から読みたかったのを、たまたまブックマーケットの105円コーナーで見つけたので即買いました。


「非常に良い」でも通用するぐらいコンディションも良好です。


定価は1500円だけれど、読んですぐアマゾンに出品すれば800円台前後で売れるはずです。


ビジネス書は旬を過ぎると一挙に1円本に値下がりするので、この辺は手早くやらないといけません。


ところが、40ページほど読み進んだところで、書込みが見つかったのです。


シャープペンシルで薄っすら線を引っ張ってあるだけなので、パラパラとチェックするぐらいでは見落としてしまいます。


たいていの書き込みは本の冒頭に集中していて、後はだんだん減っていくというのがほとんどです。


中には最初から最後まで同じ調子で書き込んであるものも見かけますが、そういうものはそもそも最初から手を出しません。


この本みたいに、途中だけ書き込みがあるというのは珍しいケースです。


もし、この一見綺麗な本が105円コーナーに並べられた理由がその書き込みだったとしたら、それを見逃さなかった店員の「眼力」、恐るべしです。


参りました。



いつも応援有難うございます。
皆さんの応援が私のエネルギーになります。

もし宜しければ今日もクリックお願いします(#^.^#)

    ↓↓↓
人気blogランキングへ
売れた本・売れる本TB:0CM:4

のりピー関連商品、暴騰してます

2009/09/05(土) 00:07:07

のりピー事件も一段落着いたというか、世の中の関心が政権交代の方に移ったというのか、以前ほど騒がれなくなったようです。


でもAmazonで「酒井法子」で検索してみたらわかるように、関連グッズは軒並み暴騰してます。


オークションですでにそういう現象が起きているんだから当然ですね。


今まで1円だったCDが1万円以上の値を付けてます。


CDショップの店頭からは酒井法子のCDやDVDは回収されているらしいです。


でも、その後どうなるんだろう。


完全に廃棄されてしまうのか、あるいは、そういうのを扱う業者に回ってアウトレット商品になるのか。


完全に廃棄されるならプレミアが付くんでしょうけど、アウトレットでまた戻ってくるならそれほど希少価値はないことになります。


全部が廃棄されるとは思えないんですが。


廃棄されるのももちろんあるだろうから、ある程度の値が付くとは思いますが、数万円で売れるのは今のうちだけなんじゃないかな。


そのうち酒井法子事件なんてみんな忘れてしまいますよ。

いつも応援有難うございます。
皆さんの応援が私のエネルギーになります。

もし宜しければ今日もクリックお願いします(#^.^#)

    ↓↓↓
人気blogランキングへ
売れた本・売れる本TB:0CM:2

ベスト・オブ・メリー・ホプキン

2009/08/06(木) 00:07:07

最新記事はここから
    ↓↓↓

先日、Amazonで売れたCDです。

ベスト・オブ・メリー・ホプキン
EMIミュージック・ジャパン
発売日:1995-04-08
ランキング:58204
おすすめ度:4.5
おすすめ度5 素晴らしい!
おすすめ度4 「どれか一枚」買うなら、これ
おすすめ度5 何と言っても'Those Were The Days...'
おすすめ度5 抗し難き声の魅力
おすすめ度5 思い出の「悲しき天使」 エヴァー・グリーンの輝き


メリー・ホプキンはビートルズのポール・マッカートニーがプロデュースしたアーティストで「悲しき天使」(Those were the days)は世界的な大ヒットになりました。


このアルバムの2曲目「グッドバイ」(Goodbye)はポールが作詞・作曲・編曲した美しい曲です。


こんな曲

 


ちなみにビートルズが歌うとこうなります。





まさか廃盤になっているとは思いませんでした。


ヤフオクでは1000円台半ばあたりで取引されてるようなのですが、Amazonでは誰も出品していなかったので、あえて2800円で出してみたら1週間ほどで売れてしまいました。


紙ジャケット仕様のものは8000円台で出品されているので、もっと高い値をつけても良かったかもしれません。


他のアーティストのためとはいえ、まだビートルズが現役バリバリのときに作った曲なのですから、いつか復刻されるでしょう。


でも、どうなんだろう。


確か、ビートルズの曲の著作権はマイケル・ジャクソンが持ってましたよね。


このアルバムもリンゴのレーベルが印刷されてるのでおそらく同じでしょう。


マイケル・ジャクソンの相続問題はうまくいってるんですかね。


ビートルズの楽曲は世界の財産ですから、相続のゴタゴタなんかに影響されてほしくないものです。


ビートルズの楽曲提供でもう一つ...


「ピーター・アンド・ゴードン」というグループにもビートルズが楽曲を提供してるんですが、こちらも今は廃盤のようです。


ピーター・アンド・ゴードン「愛なき世界」





いつも応援有難うございます。
皆さんの応援が私のエネルギーになります。

もし宜しければ今日もクリックお願いします(#^.^#)

    ↓↓↓
人気blogランキングへ
売れた本・売れる本TB:0CM:3

著者から反論されました

2008/12/07(日) 00:03:52

ただいま不定期更新中です。





最新記事はここから
    ↓↓↓


先日「カラヤンがクラシックを殺した」のことを書いたら、著者の宮下誠さんからコメントをいただきました。


僕の記事を自分のサイトに転載させていただきましたという内容だったので、早速のぞきにいったら、僕の記事と、もう一人の方の記事、それと2ちゃんねるでのやり取りが掲載されてました。


どれも「カラヤンがクラシックを殺した」に批判的なものばかりで、それに対する著者の反論も添えられています。


僕はこの本の内容を批判したのでなく、文章が気取ってて読みづらいということを書いただけです。


もっと内容そのものを批判するブログを選べばいいのに。



僕への反論は、芥川龍之介の言葉を引用して、言葉というのは読みやすさと引き換えに大事な意味までそぎ落とされてしまうのだ、だからいたずらに読みやすさを追求するべきでないというものでした。


それはちょっと違うんじゃないかな?


僕が読みにくくて不快になったのは、簡単に言えるところをわざと難しく言うからなのですよ。


「ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル」を単に「ヘーゲル」と言うことで、いったい何がそぎ落とされてしまうのでしょう。


易しいことに、いろんなものをくっつけて分かりにくくしてるから嫌になったのです。


1にあれこれくっつけて10にするのと、100から無駄を削って10にするのとでは、おなじ10でも全然違うはずです。


僕はこの本の文章が、「もうこれ以上は削れない」というようなものには思えませんでした。


ただし、この本の内容自体は批判する気はないし、むしろおおむね賛成です。


そもそも、カラヤンが好きじゃないからこの本を買ったのです。


生きているうちから自分の伝記を書かせたり、ナチス・ドイツに協力したり、カラヤンって嫌なやつですよ。


でも、そつがないんです。


トヨタ車の内装みたいです。


同じ曲をいろいろ聴き比べても、カラヤンのはやっぱり艶っぽいんですよ。


しかし、宮下誠さんって、自分に批判的な意見に耳を傾けるなんて、立派な人ですねえ。


あの過激な2ちゃんねるまで目を通すんだから、その勇気には頭が下がります。


素直に脱帽です。




いつも応援有難うございます。
皆さんの応援が私のエネルギーになります。

もし宜しければ今日もクリックお願いします(#^.^#)

    ↓↓↓
人気blogランキングへ
売れた本・売れる本TB:0CM:7

「カラヤンがクラシックを殺した」宮下誠

2008/12/02(火) 00:03:01

ただいま不定期更新中です。





最新記事はここから
    ↓↓↓


「カラヤンがクラシックを殺した」宮下誠 光文社新書 2008年


ちょっと息抜きのつもりで読みかけてみたんですが、文章がどうにも好きになれなくて途中で投げ出しました。


買う前にしっかり立ち読みしとけばよかったと後悔してます。


宮下誠という人はスイス国立バーゼル大学の哲学博士で、美術史に関する本をいくつか出しているようです。


別に内容が難解というわけではないんです。


文章に気取りを感じるのです。


単に「ヘーゲル」と言えばいいのに「ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル」と書くあたりで「ん?」と思ったんですけどね。


次の文章を見てください(「読んでください」じゃありませんよ)

「それは、クレンペラーが、音の粒立ちを敢えて犠牲にしてでも作り出そうとした『この愚かしく住みにくい』世界への厳しくも崇高な、しかし挫折するほかない魁偉な問い、『何故私たちは今ここで生きなければならないのか?』という怒りの籠った、しかし切実で普遍的な問いとしての音楽とも、ケーゲルが、カラヤン同様、厳しくオーケストラをコントロールしながらも、音楽が持つ矛盾や、今、音楽が鳴っているその環境、いや、世界の不条理や、そこにいる『私』の癒しがたい絶望を、美という媚薬で曖昧に糊塗することなくさらけ出す勇気を持った音楽とも根本的に異なっている。」

これで一文なのです。


さぞ気難しい老人が書いたのだろうと思いきや、1961年生まれのまだ40代の壮年です。


アマゾンのレビューでも「本書はだらだらと脈絡のない文章を衒学的に現代思想家の名前をちりばめながら書き流した本」と、かなり辛らつにやられています。


こういう文章を見るたびに必ず思い出すのが、井上ひさしさんの「むずかしいことをやさしく、やさしいことをふかく、ふかいことをおもしろく」という言葉です。


まさに真逆です。


ショーペンハウエルの「読書について」によれば、こういうときは、ただちに本を閉じるべきです。


閉じたついでにAmazonに出品したら1日で売れてしまいました。


ちょっと複雑です...



いつも応援有難うございます。
皆さんの応援が私のエネルギーになります。

もし宜しければ今日もクリックお願いします(#^.^#)

    ↓↓↓
人気blogランキングへ
売れた本・売れる本TB:0CM:5

官僚と個人情報

2008/11/26(水) 00:02:13

ただいま不定期更新中です。





最新記事はここから
    ↓↓↓


「財務省職員録〈平成16年版〉」大蔵財務協会


あるんですねえ、こんな本。


「職員録」とか「労働行政関係職員録 [平成18年版] 」とか、当たり前みたいに売ってます。


民間企業だって安心できません。
  ↓↓↓
「ダイヤモンド 会社職員録 全上場会社版」


上場してなければ大丈夫かというと
  ↓↓↓
「ダイヤモンド会社職員録 全店頭登録・非上場会社版」


ブックオフでは見かけたことありませんねえ。


元厚生事務次官宅連続襲撃事件が連日報じられてますが、官僚の個人情報がこんなに危ういとはまったく知りませんでした。


氏名までは仕方ないのかもしれないけれど、住所なんて公開する必要があるんでしょうか。


問い合わせとか陳情のためなら、窓口の連絡先だけ分かるようにすればいいことです。


職員録に自宅住所まで載っていたのは官僚自身にも落ち度があります。


彼ら自身が個人情報にルーズなのです。


こういうルーズな官僚に国民の個人情報を任せるのは、実は大変危険なことなんじゃないか...


摸倣犯とか便乗犯の危険があるので大変でしょうけど、官僚の皆さん、今回の事件を機に、個人情報の大切さを再確認してはいかがですか?


だだし、「官僚組織の職員名を公表するのはけしからん」ということになって、そのついでに天下り官僚の名前も非公開にする、なんていうのはダメですよ。




いつも応援有難うございます。
皆さんの応援が私のエネルギーになります。

もし宜しければ今日もクリックお願いします(#^.^#)

    ↓↓↓
人気blogランキングへ
売れた本・売れる本TB:0CM:8

野口みずきさん、残念です

2008/08/13(水) 01:13:43

ただいま不定期更新中です。




最新記事はここから
    ↓↓↓


野口みずきさんがオリンピックの出場を辞退しましたね。


メダルの可能性がものすごく高かっただけに残念です。


そもそも北京に行く前からくだらない記事に悩まされていただけに、よけいかわいそうです。


こんなことが許されて良いのか?他人の人生に勝手に踏み込んで家庭を破壊するマスコミ


記事を読んだときはびっくりしました。


このライターはブログが炎上するまで、自分のしでかした罪に気が付いてなかったみたいなのです。


それにもびっくりです。


草薙厚子女史の「僕はパパを殺すことに決めた 奈良エリート少年自宅放火事件の真実 」とよく似ています。


「供述調書を直接引用しない」という取材源の精神科医との約束を守らなかったため、この医師は逮捕されてしまいました。


それ以来、著者が表に出てくることもほとんどなくなったようなので、おそらく社会的制裁を受けたのでしょう。


でもこの「僕はパパを殺すことに決めた 奈良エリート少年自宅放火事件の真実 」、騒動のおかげでユーズド価格が上がってるようです。


中古本の場合、新たに著者に印税が発生するわけじゃないから、僕も見つけたらためらいなく買うつもりではいます。


読む気はありませんけどね。


つまらない記事を書いたライターや草薙厚子女史に対しては同情する気持ちは起こりませんが、野口みずきさんには、少しでも早く立ち直って欲しいものです。



いつも応援有難うございます。
皆さんの応援が私のエネルギーになります。

もし宜しければ今日もクリックお願いします(#^.^#)

    ↓↓↓
人気blogランキングへ
売れた本・売れる本TB:0CM:7

「赤塚不二夫1000ページ」 赤塚 不二夫

2008/08/03(日) 23:28:24

ただいま不定期更新中です。





最新記事はここから
    ↓↓↓


「赤塚不二夫1000ページ」 赤塚 不二夫  扶桑社 1998年


ギャグ漫画の評価はあまり高くないのかと思っていたら、赤塚不二夫さんの訃報は新聞の一面で扱われていました。


漫画というのは、もともと読者を笑わせようとしたものですから、赤塚不二夫さんの作品こそ、正真正銘の漫画だといえます。


僕が初めて赤塚不二夫を知ったのは「おそ松君」です。


六つ子というのも奇抜なアイデアですが、その名前が愉快です。


おそ松・とど松・ちょろ松・から松・いち松


そして、最後が「じゅうし松」。


「じゅうし松」は絶対に最後に来るのです。


これがおかしかったです。


そして、イヤミやチビ太という強烈な個性の脇役。


僕の中では「おそ松君」こそ、赤塚不二夫の最高傑作です。


手塚治虫、石ノ森章太郎、寺田 ヒロオ、藤子・F・不二雄、森安なおや...


「トキワ荘」メンバーもみんな亡くなって、残っている人はわずかです。


昭和がまたいっそう遠い昔になった気がします。


ところで、冒頭で紹介した「赤塚不二夫1000ページ」、タイトルどおり1000ページ以上あります。


正確には1026ページです。


実際に手にしたことがないので分からないのですが、実物はどれぐらいの厚みがあるのでしょう。


こんなのがブックオフにあれば目立つでしょうね。


見つけたら即せどりです。


現在4780円の値がついてます。




いつも応援有難うございます。
皆さんの応援が私のエネルギーになります。

もし宜しければ今日もクリックお願いします(#^.^#)

    ↓↓↓
人気blogランキングへ
売れた本・売れる本TB:0CM:4

「自動車絶望工場―ある季節工の手記」 鎌田 慧

2008/06/29(日) 00:07:53

ただいま不定期更新中です。





最新記事はここから
    ↓↓↓


「自動車絶望工場―ある季節工の手記」 鎌田 慧著 講談社文庫 1983年


先日の新聞に、トヨタがアメリカでの販売計画を下方修正するという記事があり、その横に渡辺捷昭社長の「逆風を絶好のチャンスとして、徹底的にムダを省き、強い企業体質の構築を目指す」という言葉が載っていました。


そのときに思い出したのがこの本です。


トヨタといえば、「カンバン方式」とか「カイゼン」とか「ジャスト・イン・タイム」など、徹底的な品質管理で有名です。


この上まだムダを省くというのですから、現場はどんなつらい目に合うのだろうと、まじめに心配してしまいました。


一日8時間労働(3交替)で、昼休み以外は全く休憩時間がなく、トイレ休憩もない...


決まりきった作業を終業時間が来るまで、ずっと繰り返すだけ...


チャップリンのモダンタイムズという映画がありましたね。


あの映画は、少なくとも1970年代のトヨタに関する限り、決して誇張ではないのです。


ノイローゼによる自殺者まで出たそうです。


この「自動車絶望工場―ある季節工の手記」は、1972年に出版されたものなので、今はかなりの部分がロボット化され、従業員の作業内容も少しは人間っぽいものになってるかもしれません。


でも、その一方で、従業員の扱いがそんなに大きく変わるものだろうかという疑問も消えません。


以前はこの本も、ブックオフで当たり前みたいに見つかったのに、最近は滅多に見かけなくなりました。


高額とまでは行きませんが、そこそこ利益の出せる本です。




いつも応援有難うございます。
皆さんの応援が私のエネルギーになります。

もし宜しければ今日もクリックお願いします(#^.^#)

    ↓↓↓
人気blogランキングへ
売れた本・売れる本TB:0CM:8

「本は10冊同時に読め!―生き方に差がつく『超並列』読書術」 成毛 眞

2008/03/22(土) 00:03:55

ただいま不定期更新中です。





最新記事はここから
    ↓↓↓


「本は10冊同時に読め!―生き方に差がつく『超並列』読書術」 成毛 眞著 知的生きかた文庫 2008年


読む前にどんな内容か予想がつくと思います。


実際そのとおりの本で、それ以上でもそれ以下でもないという感じです。


考えてみれば、10冊とまでは行かなくても、こういう読み方は誰でもやっていることで、「生き方に差がつく」とか「超並列」とか言うような特別なことじゃありません。


著者はマイクロソフトの社長を10年勤めた人ですが、自分自身を成功者と決め付けているところが嫌味で、この本の一番気に入らないのは、実はその点ではないかと思ってます。


僕自身は気に入らなかったのですが、この本はなかなか売れてるようで、読み終えてアマゾンに出品したら、ものの20分で買い手がつきました。


560円で買った本が300円で売れたのですから、送料からの儲けを別にしても260円で
で読めたことになります。


僕は、新刊で買った本でも、読み終えたらアマゾンで売ってしまいます。


今までの経験から言うと、何度も読み返したいという本はそうあるものじゃありません。


だから、売ることにためらいはありません。


その代わりというか、そのおかげでというか、これは読んでみたいなと思った本は、失敗を怖れず、どんどん買います。


どんどん買う結果、たまにはこういう本にも当たるということです。


そういいえば、最近、アマゾンのシステムが変わりましたね。


特に大きな不満はありませんが、購入者の住所によっては、とんでもなく長い宛名ラベルになることがあるので、そのあたりを改善してくれたらなあと思います。




いつも応援有難うございます。
皆さんの応援が私のエネルギーになります。

もし宜しければ今日もクリックお願いします(#^.^#)

    ↓↓↓
人気blogランキングへ
売れた本・売れる本TB:0CM:9

「御教訓カレンダー大全」 PARCO出版局

2007/12/14(金) 00:08:12

ただいま不定期更新中です。





最新記事はここから
    ↓↓↓

「御教訓カレンダー大全」 PARCO出版局 1991年


もう今年も残りわずかですね。


来年のカレンダーは買いましたか?


この本はPARCO出版局が毎年出している御教訓カレンダーに載っている「御教訓」を集めたもので、希少本です。


「御教訓」といっても、日めくりのカレンダーに載っている「健全な精神は健全な肉体に宿る」みたいなやつのパロディ版です。


僕はこういうのが大好きなんですよ。


個人的に気に入ったのを紹介しますね。


●事実は小説よりも気が滅入る

●四角い部屋に丸く吐く

●あんなに化粧の激しい女だったとは…

●「ハブはないッスね」  -ペットショップ

●シチューかき回しのうえ、盛りつけ!

●クロネコヤマトの卓球部員

●私たちずっと良いお友達で異様ね

●あなたがいないので刺身買ったわ

●縁の下の桜餅

●誠が勝手だから、しばらく休業します

●忘れられないおふくろの足

●今日も仕事にぼ~っとする

●人間は考えるだけマシである

●腹をかかえて洗う

●どこから見ても見合いのカップル


他に「老いるショック」とか「出たきり老人」とかもあるんですが、そのうち笑えなくなるんでしょうね^^;



いつも応援有難うございます。
皆さんの応援が私のエネルギーになります。

もし宜しければ今日もクリックお願いします(#^.^#)

    ↓↓↓
人気blogランキングへ
売れた本・売れる本TB:0CM:18

「生産革新のための新・TPM展開プログラム〈加工組立編〉」

2007/11/14(水) 00:27:55

ただいま不定期更新中です。





最新記事はここから
    ↓↓↓


「生産革新のための新・TPM展開プログラム〈加工組立編〉」 日本プラントメンテナンス協会 1992年


TPMは「トータル・プロダクティブ・メンテナンス」の略語で、「総合的な生産管理」というような意味です。


工場のような機械職場には特に効果があります。


あくまで真面目に取り組めばの話ですが...


TPMの目的の一つは、新入社員が、いきなり、ベテラン社員と同じだけの作業をこなし、同じレベルの製品を作れるようにすることです。


そのための手法として、

マニュアル化
数値化
モジュール化
OJT
水平展開

など、いろんなテクニックが用意されています。


中でも数値化というテクニックは有効です。


これは、ベテラン社員とか職人芸を持った技術者の「経験」とか「勘」を、数値に置き換えてしまうやり方です。


機械には微妙な調整が必要な箇所がたくさんあります。


そういうところにメジャーやゲージを取り付けて、決められた数字に合わせれば、ベテラン社員と同じ調整が可能になるわけです。


モジュール化は、プログラミングの世界では当たり前になっていますし、OJT(On-the-Job Trainingの略)もたくさんの企業が実施しています。


水平展開というのは、一つの機械で試してみたことがうまく行ったとき、それを他の機械や他の部門にまで広げていく方法です。


この、新入社員とベテラン社員の関係は、初心者とベテラン・アフィリエイター、初心者とプロのWEBデザイナーとの関係と同じです。


だから、例えば、ブログのテンプレートを、バナーやサイドバーなど、いくつかのモジュールに分けて、それぞれの数字をあらかじめ決めておくと、あとはそれを差し替えるだけで、手っ取り早くオリジナル・テンプレートが作れるのではないか...


テンプレートをあれこれ迷うよりも、基本のテンプレートを一つ決めておいて、それをカスタマイズする方が早いのではないか...


そんなことを最近考えています。

いつも応援有難うございます。
皆さんの応援が私のエネルギーになります。

もし宜しければ今日もクリックお願いします(#^.^#)

    ↓↓↓
人気blogランキングへ
売れた本・売れる本TB:0CM:18

人生が驚くほど逆転する超行動力!」 田中 孝顕

2007/11/08(木) 00:47:21

ただいま不定期更新中です。





最新記事はここから
    ↓↓↓


「人生が驚くほど逆転する超行動力!(速聴CD付き)」 田中 孝顕編 きこ書房 2003年


だいぶ前にブックオフで105円で買ったんですが、すっかり値崩れしてしまったので、出品もせず、そのままほったらかしになってます。


もったいないので、付属のサンプルCDを聴いてみました。


速聴CDというやつです。


標準速から2倍速、3倍速とナレーションが少しずつ早くなり、その後、2倍速、標準速と元の速度に戻っていきます。


高速で聞き続けていると、スピードを落としたときにずっと理解が深まるらしいです。


でも、結局はそれ用のCDを買わせようという魂胆が見え見えです。


最初にいかにもアルファ波が出そうな、鳥の鳴き声とかが流れるんですが、2倍速とか3倍速のナレーションが始まると、とたんにイライラしてきて、アルファ波状態どころではなくなります。


ナレーションの内容もナポレオン・ヒルの著書から引用してるんでしょうけど、いかにも翻訳調で、少しも心に響いてきません。


要するにダメ商材(?)です。


速聴は、新聞とか雑誌ででかでかと宣伝していますが、普及することはないでしょう。


でも、しゃべりのプロの言葉って、速度を上げて行ってもはっきり聞き取れるもんですねえ。


ふだん聴いている音声ファイルとはクォリティが全然違います。


インフォブレナーと呼ばれる人達は、セールスレターには力を入れるくせに、音声ファイルに関しては結構無頓着なですよねえ。

いつも応援有難うございます。
皆さんの応援が私のエネルギーになります。

もし宜しければ今日もクリックお願いします(#^.^#)

    ↓↓↓
人気blogランキングへ
売れた本・売れる本TB:0CM:19

「医者のマナー」 大鐘 稔彦

2007/10/26(金) 01:18:44






最新記事はここから
    ↓↓↓


「医者のマナー」 大鐘 稔彦著 金原出版 1998年


昨日、母親を連れて大学病院に行って来ました。


診察の終わったのがお昼だったので、病院の中にある食堂で食べることにしました。


ちょうど昼食の時間なので、店内は大混雑です。


新しく来たお客も相席で我慢しないといけないぐらいです。


そんな中で、店の片隅の4人がけのテーブルに、中年の男性がたった一人、新聞を広げて定食を食べていました。


その男性は僕達よりずっと早くから来ていたんですが、そこだけはいつまでも相席にならないのです。


よく見ると男性の横には白衣がたたんでおいてあります。


つまりその病院のお医者さんだったというわけです。


食堂の職員もそれを知ってるから相席にはしないのでしょう。


その食堂には他にカウンター席と2人がけの席があって、カウンターなんてまだまだ空席があります。


混むのを承知で4人がけのテーブルにすわる、混んで来たからといって早く席を空けるわけでもない。


医者の社会常識なんてこの程度のものです。


こういうタイトルの本が出るのも分かります。


この本は現在Amazonに13点も出品されてます。


それだけブックオフなんかにたくさん流れているということです。


読むには読んだけど、ずっと手元に置くほどでもないということでしょうか。


でも、読むだけましです。


ほんとに問題のある医者は、そもそもこういう本を読もうとも思わないでしょう。



いつも応援有難うございます。
皆さんの応援が私のエネルギーになります。

もし宜しければ今日もクリックお願いします(#^.^#)

    ↓↓↓
人気blogランキングへ
売れた本・売れる本TB:0CM:16

仕事を成し遂げる技術―ストレスなく生産性を発揮する方法」 デビッド・アレン

2007/10/25(木) 13:55:06






最新記事はここから
    ↓↓↓


「仕事を成し遂げる技術―ストレスなく生産性を発揮する方法」 デビッド・アレン著  はまの出版 2001年

GTDの本です。

GTDは「Getting Things Done」の頭文字を取ったもので、頭の中を常にすっきりさせ、必要なときに必要なエネルギーとアイデアをひっぱりだす手法です。


大まかに言って、こういう流れになります。
1. 頭の中の「やりかけの仕事」を「すべて」紙に書き出す
2. それぞれの「やりかけの仕事」について望むべき結果を決める
3. 定期的にそれらをレビューする


これって何かに似ていますね。


そう、平秀信さんのブレインダンプです。


GTDは「頭の中で考えていること」、ブレインダンプは「やりたいこと、欲しいもの」と説明している人もいますが、僕はどっちも同じだと思います。


そんなに深く考えなくてもいいんじゃないでしょうか。


要するに、頭の中にあるものをすべて書き出せばいいんです。


ただ、GTDはブレインダンプと違って、紙にはこだわらず、使い慣れたものなら何でもかまいません。


そのため、GTD用の支援ソフトもたくさん出ています。


ブレインダンプの場合、大きな紙に書くというのがちょっとしたネックになってるんですよね。


大体の人がこの時点であきらめます。


でも、いい方法があります。


大きな紙の代わりに情報カードを使うんです。


1枚のカードには一つのことしか書きません。


全部書き出したら、それを優先順に並び替えたり、すでに実現したものは取り除いたり、一つのテーマをさらに細かく分けたり、なかなか融通が利くんです。


書き出したカードはケースに入れてもいいし、輪ゴムでとめておくだけでもかまいません。


とにかくそれが「自分の脳」というわけです。


僕はこれをブレインダンプ用にということで人から教えてもらったんですが、当然、GTDにも使えます。

いつも応援有難うございます。
皆さんの応援が私のエネルギーになります。

もし宜しければ今日もクリックお願いします(#^.^#)

    ↓↓↓
人気blogランキングへ
売れた本・売れる本TB:0CM:7

「Eメール顔文字Dictionary」 永岡書店編集部

2007/10/24(水) 01:28:13






最新記事はここから
    ↓↓↓


「Eメール顔文字Dictionary」 永岡書店編集部  永岡書店 1990年


この本によると、顔文字は900種類以上もあるそうです。


顔文字はいつごろ使われたんだろうとウィキペディアで調べてみたら、1986年のアスキーネットで使われたのが最初ではないかと書いてありました。


顔文字は日本型と欧米型に別れ、アメリカやヨーロッパの顔文字は横に倒して表現します。


例えば、:-)とか:-(です。


それに対して日本は(^_^)とか(ToT)のように正位置で表現します。


欧米が口に注目するのに対して、日本では目を重視するのが特徴です。


東アジアでは、この日本型の絵文字が使われています。


こういうところでも日本がリードしているというのはうれしいですね。


ところで、商材や無料レポートには、「分からないことがあったら、グーグルで『●●とは』で検索しなさい。」と書いてありますね。


でも、最初から「とは」で制限をかけてしまうと、肝心な情報を逃してしまうこともあるんですよね。


僕はそのままズバリか、「●●は」で検索してます。


実際、「顔文字とは」で検索してもあまり満足のいく結果が出ませんが、「顔文字は」で検索すると、ちゃんとウィキペディアが出て来てくれます。


何かを説明する時に「●●とは」で始めることって、思っているほど多くはないものです。

いつも応援有難うございます。
皆さんの応援が私のエネルギーになります。

もし宜しければ今日もクリックお願いします(#^.^#)

    ↓↓↓
人気blogランキングへ
売れた本・売れる本TB:0CM:16

「問題解決のアート」ラッセル・L・エイコフ

2007/10/21(日) 01:18:54






最新記事はここから
    ↓↓↓

「問題解決のアート」ラッセル・L・エイコフ著 建帛社 1983年


ブックオフの105円コーナーで見つけたのですが、Amazonで12500円で売れました。


ただし、売れるまでに4ヶ月かかりました。


この本はタイトルのとおり、問題解決法を科学的に研究したものです。


この本で言いたいことは次のエピソードに集約されます。


著者エイコフの娘が通っている学校で、先生がこういう宿題を出しました。


縦横3つずつ合計9つの点が等間隔に並んでいます。
同じ点を2回通らずにすべての点を一筆書きでなぞりなさい。


家に持ち帰った娘は独創的な考えを思いつきました。


9つの点を書いた紙を上手に折ると1本の直線ですべての点をなぞれるのです。


翌日、娘は得意げに先生に報告したところ、先生は、紙を折ってはいけないと言って、全くとりあってくれません。


「すべての点を一筆書きでなぞれ」という問題を見て、それを勝手に2次元の問題だと考えるから、他の解決法が見えないのだと、エイコフは教師を批判します。


「組織では生産とか、販売、経理の問題といったものはない。組織の問題をいろいろな考え方でとらえるに過ぎない。」


「物理学の問題、生物学の問題、心理学の問題、経済学の問題などのようなものはない。ただ問題があるのみである。」


これはみんな同じことを言ってます。


なるほど、とは思いますが、実行するのは難しそうです。

いつも応援有難うございます。
皆さんの応援が私のエネルギーになります。

もし宜しければ今日もクリックお願いします(#^.^#)

    ↓↓↓
人気blogランキングへ
売れた本・売れる本TB:0CM:15
ホーム全記事一覧次のページ >>
Copyright(C) 2006 直進! 古本せどりとサイドビジネス All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.